パーソナルジムやパーソナルトレーニングはだれしもが知る存在になっているのか… - MIO STILE GINZA スタッフブログ

パーソナルジムやパーソナルトレーニングはだれしもが知る存在になっているのか…

▼パーソナルトレーニングが日本に入り始めたのは…

私自身がフィットネス業界に携わるようになったのは約25年ほど前。

当時は大手フィットネスクラブでアルバイトインストラクターとして「初心者マーク」を付け、あまり深いことを考えずに「笑顔」「明るく」「一生懸命」に取り組んでいました。

今でこそ大手フィットネスクラブでは常に数名のパーソナルトレーナーがパーソナルトレーニングを提供していますが。当時はパーソナルトレーナーを付けてパーソナルトレーニングを受けている方は本当にごくわずかでした。

ちょうど私がパーソナルトレーナーを始めた21歳頃に親戚の集まりで「パーソナルトレーナーをしている」と伝えたところ。ほぼ全員が「パーソナルトレーナー???」という反応だったことを今でもはっきりと覚えています。

当時から約25年が経ち、今では「パーソナルトレーニング」を知らない人のほうが珍しいほどになりました。

今では

「定期的にパーソナルトレーナーを付けてトレーニングしている」

と話をすると。

「どんなトレーニングしてるの?」

「どこのジムに行っているの?」

「どんなトレーナーなの?」

とより詳しい情報を求められることが多くなり「変わったな~」と感じます。

▼より筋トレが身近になった…

以前は「パーソナルトレーニングって?」という反応でしたが、最近ではより詳しい情報を求められ鵜用になり。興味を持っている人が多いと感じるようになりました。

おそらくですが…

・健康になる=運動が必要

・どうせ運動するなら質の高い運動がよい=プロのサポートがあった方が良い

という、考えから多くの方が「パーソナルトレーニング」に興味を持っていただくようになったのではないかと推測しています。

更に、最近ではYOU TUBEなどで手軽に自宅でもプロのアドバイスを受けられるようになり、パーソナルトレーナーや筋力トレーニングがより身近になったのではないかとも感じています。

▼質の高い筋力トレーニングはプロの助けが必要なのか

先述の通り、今では誰でも手軽にYOUTUBEやインターネット上で情報が入手できることから、パーソナルトレーナーによるパーソナルトレーニングでなくても十分な成果は期待できます。

しかし、何事もそうですが

・これで正しいのだろうか?

・もっと安全で効率的な方法はないのか?

というような疑問に対して、その人に合ったアドバイスをしてくれる

また、ダイエットの際に

・思うように体重が減らなくなった

などの「壁」が現れた際の効率の良い「壁」の乗り越え方

更に

・YOUTUBEや本の通りに動かしているのに、なぜか背中に筋肉痛が来ない

など、自力で入手できる「情報」で行き詰ったなどにパーソナルトレーナーがいることで、効率性を高めることはできます。

勉強方法についても「予習」と「復習」のどちらを優先するのかは人それぞれだと思います。

トレーニングにおいても同じく、

・最初からパーソナルトレーナーを付けるのか

または

・先ずは自分自身で取り組んでみるのか

どちらにするかは自由だと思います。

もしも、悩まれる場合は、ご自身の周りの「パーソナルトレーニング経験者」や「パーソナルトレーナー」に相談してみると良いと思います。

何にせよ、パーソナルトレーニングが広まることは、世の中の運動の意識や習慣が高まっているということ、だと思っていますので、当ジムもその一端を担い、期待にお応えできるように精進してまいります。

=========
当ジムは、ただ痩せるのではなく、
数年後も理想の体型で健康に動ける体を目指し、
お客様一人一人に合った「食事」「運動」「睡眠」を提案させていただいております。

大人のための銀座のパーソナルジム
MIO STILE GINZA
https://mio-stile.jp/